One Makeという新しい構築

デザイナー太田直也の復帰によって、従来の男らしさが香るプロダクトを取り戻しつつあるBACKBONEですが、2018FWのルックブックでも垣間見る事が出来た、チームプロダクトとしてのBACKBONEアイテムのご紹介です。

BAKBONEと言えば古着を解体して再構築するライン、BACKBONE THE VINTAGEが有名でしたが、現在のBACKBONEにはサポートメンバーとしてCAMURO LEATHERの村田さんとREFUSEの高蝶が参加し、One Makeとして新たなアイテムの構築を行っています。
シルバーアクセサリーやレザーアイテムは勿論ですが、ハットやブーツ等の特殊な技術や加工を要するアイテムまで幅広く手掛けていますので、One MakeからBACKBONEの魅力に触れてみるのは如何でしょうか?

「物事の重要な事柄、そして基盤、支柱、無くてはならない存在」となる背骨からインスパイアされたBACKBONEをブランド名に冠し、デザイナー太田直也がモーターサイクル、ロックテイストを軸に独自の感性によって表現するアメリカンカジュアル。ヴィンテージから学ぶ古着の良さと現代の技術を駆使し、ハイクオリティーなアイテムを生み出す。また世界各地の伝統的な素材、パターン、デザイン、時には古着そのものを組み合わせ、普遍的な男らしさと不良性を表現し展開しています。